高校生のアルバイト服装

面接は重要です

アルバイト面接の際に気になるのが服装です。

 

正社員採用の際の面接ならばスーツが当たり前ですが、アルバイトとなるとそこまでかっちりしなくても良い様な、しかしラフすぎるのもまずい様な・・・難しくて悩む人も多いかと思います。

 

簡単に言えば、アルバイトの面接ならばきちんとした格好程度で大丈夫です。

 

「きちんとした格好って?」確かに難しいですね。まずGパン+スニーカーという格好は避けましょう。

 

チノパンや女性の場合は柄のあるパンツもNGです。

 

レギパンもカジュアルすぎるので避けるべきです。好感度がある格好は、やはりきれいめのパンツ又は膝丈のスカート+パンストです。靴は革の物で、汚くない物をチョイスして下さい。

 

ボトムスはシンプルに、襟のついたシャツが清潔感があって良いです。寒い日は上にジャケットやスプリングコート等を羽織って下さい。

 

 

カバンはなるべく黒っぽい地味な物を持ちましょう。チェーンのついた小さいバックやリュックは避けるべきです。ブランドのロゴが目立ちすぎるカバンもやめて下さい。

 

 

服装はこんな感じですが、余談として化粧は薄めにアクセサリーは最小限に抑える事、金髪や明るすぎる髪の色ならば、黒く戻す事をお勧めします。

 

 

面接では第一印象が採用か否かを決める一番のポイントだそうです。清潔感を意識して、恥ずかしくない格好で面接に臨みましょう。